報道によると、AppleユーザーはSpotifyよりもApple Musicを好む

Consumer Intelligence Research Partners (CIRP) が最近実施した調査によると、米国の Apple デバイス ユーザーの約 40% が、オーディオ ストリーミング サービスとして Apple Music を好んでいることが明らかになりました。2024 年 3 月までの 12 か月間に収集されたデータによると、Spotify などの競合他社よりも Apple の自社サービスが好まれていることがわかりました。

CIRPのレポートによると、iPhone、iPad、Macユーザーの間でのApple Musicの採用率は着実に成長しており、2020年の34%から現在は40%に上昇している。2015年にiTunes Musicの後継として導入されたApple Musicは、ユーザーベースが徐々に増加している。

比較すると、音楽ストリーミング市場のもう一つの大手であるSpotifyの採用率は、2020年の24%から2024年には29%に上昇した。成長しているにもかかわらず、SpotifyはAppleデバイスユーザーの間での好みという点では依然としてApple Musicに遅れをとっている。

この調査では、Amazon MusicやPandoraなどの他のオーディオストリーミングサービスも監視されました。Amazon Musicの採用率は2020年の16%から2024年には10%に低下しました。同様に、Pandoraの採用率は2020年の12%から2024年には8%に低下しており、いくつかの主要サービスを中心に市場統合の傾向が示唆されています。

私たちのページをフォローしてください ツイッター、Google ニュース、Telegram、YouTube を購読してください。

[crypto_support_box] [bitmate-author-donate]
PLAY GUÍAS - CÓDIGOS DE JUEGOS

Play Guías

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x