スイスのニモがユーロビジョン2024で優勝

**スイスのニモが「ザ・コード」でユーロビジョン2024チャンピオンに輝いた**

第68回ユーロビジョン・ソング・コンテストはスリリングなフィナーレを迎え、スイスが優勝した。 ニモの「ザ・コード」の魅惑的な演技は陪審員とテレビ投票の両方を揺るがし、スイスが1988年以来初の優勝を確実にした。

凱旋パフォーマンス

エレクトロニックビートとソウルフルなボーカルを難なく融合させたニモのステージでの存在感は注目を集めた。 「ザ・コード」は聴衆の共感を呼び、団結、多様性、人間関係のテーマを呼び起こしました。 審査員の高得点とテレビ投票者からの圧倒的な支持は、この曲の普遍的な魅力を示しました。

熾烈な競争

スイスは他の25カ国との熾烈な競争に直面した。 伝染性のダンスアンセム「フィエスタ」を歌ったクロアチアのベイビー・ラザニアと、感動的なバラード「ハート・オブ・スティール」を歌ったウクライナのトヴォルキが最有力候補の一つだった。 イタリアのアンジェリーナ・マンゴーも「Alba」での力強いボーカルを印象づけた。 しかし、最終的にはニモの驚異的なパフォーマンスが勝利を収めました。

グラハム・ノートンの予言

機知に富んだ考察で知られる英国の解説者グラハム・ノートン氏は、アイルランドへの支持をほのめかした。 しかし、彼は、「すべては夜に起こる」と述べ、競争の予測不可能な性質を認めた。 ノートン氏の予想は的中し、アイルランドのバンビー・サグ選手が親パレスチナ発言で物議を醸したにもかかわらず、決勝進出を果たし歴史に名を残した。

アイルランドの歴史的成功

バンビー・サグの出場権獲得は、アイルランドが2018年以来初めてユーロビジョン決勝に進出したことを示した。彼らの「ドゥームズデイ・ブルー」のパフォーマンスは、包括性の強力なメッセージを伝え、社会問題についての会話を引き起こした。 これはアイルランドがこのコンテストで長年成功を収めてきたことを裏付けており、1970年のダナの優勝を含め、最多勝利数でスウェーデンと並んでいる。

壮観なフィナーレ

ユーロビジョン 2024 では、多様な音楽スタイルと文化が紹介されました。 グランドフィナーレは、精緻なステージデザイン、鮮やかな衣装、そして観客を魅了する魅惑的なパフォーマンスにより、視覚的な饗宴となりました。 これにより、世界中で最も人気があり愛されているエンターテイメント イベントの 1 つとしてのユーロビジョンの地位が再確認されました。

ニモとグラハム・ノートンの言葉

「これは夢の実現です。 スイスを代表して『ザ・コード』を世界に届けることができてとても光栄です。 音楽には人々を結びつける力があり、今夜、私たちは団結が勝つことを証明しました」とネモは勝利後の記者会見で語った。

「ユーロビジョンは常に驚きのジェットコースターです。 ネモは本当に記憶に残るパフォーマンスを披露し、スイスはこの勝利に値する。 それはこの曲の強さとアーティストの才能の証です」とグラハム・ノートンは語った。

ポストナビゲーション

PLAY GUÍAS - CÓDIGOS DE JUEGOS

Play Guías

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x